知らないと損する資産承継情報

Welcome to my site.

老後の生活資金作りに終身保険

火曜日, 18 11月, 2014

終身保険は老後の生活資金の備えとしても利用されています。少子高齢化は歯止めがきかない状態になりましたので、日本の公的年金はあと数寿年もしたら限界が訪れるだろうと予測されています。公的年金はこれまでの日本人の老後生活に置いて必要不可欠であると言われており、今でさえ老後の生活費の約70%をカバーしていると言われています。そのような公的年金がなくなるということは、今後自助努力によって老後の生活資金を準備しないといけないことになります。 ただし、20代、30代の方々であれば老後の生活資金を準備する時間は十分にありますので、終身保険を使って老後の準備を検討してみてはいかがでしょうか? 投資信託のような金融商品に比べるとお金を増やす点で見劣りはしますが、それでもリスクを取らずに運用したい方や普通預金や定期預金以上の金利でお金を増やしたいということであれば十分価値のある保険商品です。 さらに普通預金や定期預金とは違って、解約しない限り生涯保障も受けられる訳ですから、長期であればあるほどお金を増やし、同時に安心を買うことにも繋がります。毎月の保険料は掛け捨て保険に比べて高額ですが、その分貯蓄もできると考えればおすすめでうs。

こども保険の情報収集

木曜日, 6 11月, 2014

こども保険に加入したいと考えているのであれば情報収集がとても大切なものである事は言うまでもありません。特に近年、こども保険も多数登場しており、「どれも一緒」ではないものとなっています。それぞれ微妙に特徴が異なっていますので、どのようなこども保険に加入すべきかというのはなかなか簡単なものではないのですが、こども保険に加入したいと考えているのであれば、情報収集。これは言わば「基本」と言っても良いのですが、ではどのようにして情報収集を行うのかと言えばやはりインターネットです。 インターネットであれば、保険の公式ホームページを見る事が出来るだけではなく、実際に利用した人の口コミを見る事だって出来ます。特に口コミはとても大切です。公式ホームページからだけでは伺い知る事が出来ないような事を知る事が出来ますので、こども保険に真剣に加入したいと考えているのであれば、インターネットで公式ホームページをチェックし、更には利用者の口コミを探す。これがとても大切な事となってくるのは言うまでもありません。なかなか簡単ではないのかもしれませんが、これらを行う事で理想のこども保険を見つける事が出来るはずですので、よくよく考えましょう。

老後の生活資金をつくる方法

日曜日, 26 10月, 2014

将来、公的年金は受け取れる金額が少なくなるとされています。このような状態では、老後の生活にゆとりが持てなくなることから、自分で何とかして老後の生活資金を準備しなければならないとされています。この資金づくりでは、将来、不足する年金を作る必要があることから、自分で年金づくりとして資産形成を行なう必要があるといわれています。 いま資金形成の方法としては、従来、預金や投資といった方法が行なわれてきましたが、預金では低金利が続くことから、利息があまり付かないため、満足した老後の生活資金を作れないとされています。そのことから、効率よく老後資金を満足できるような資金がつくれる方法として、いま投資への関心が高まっています。 投資は、預金とは違って元本保証がなく、資産を失うほどの投資リスクがありますが、短時間で大きな利益を得られることが特徴です。投資であるなら、資産形成として魅力的とされ、活用する人が増えているとされています。 しかし、資産を失うほどのリスクを避ける必要があります。そこで、投資でも投資リスクや投資ストレスが少ない積立による資産づくりが人気となっています。この方法では、長い期間投資を行いますが、リスクが少なく安定した利益が追求することができます。これからの老後の生活資金を作る方法として活用されることが期待されているのです。 注目のwebサイト「金融ガイド」はココ!

大学まで保証してくれる学資保険

金曜日, 3 10月, 2014

子供の学費は、一般的に大学まで1000万円の教育費がかかるとされています。この費用を蓄える必要があるのですが、貯蓄において十分に貯めることは大変といってよいでしょう。 貯蓄であるなら、お金貯めても目的が明確でないと、他に流用されてしまうとったことになるとされています。そこで、教育費は、目的を明確としたものであることがよいとされ、安定して蓄えることができる学資保険を行なう人が増えているとされています。 学資保険では、大学に進学するまで計画的に学資金を作ることができることから、子供にとっては安心できるようになるとされています。この保険では、保険会社と契約しているため、容易に資金を引き出すといったことができなく、確実に資金づくりができるとされています。 また、この保険では、もしも契約者がなくなったときに、保険料が払う必要がなくなり、契約プランに応じて継続して進学のたびに学資金を受け取ることができます。学資保険であるなら、大学まで安心して子供が進学できるので、預金とは違い、進学に困ることがないことが特徴とされています。 この保険であるなら、大学まで保証してくれるようになるので、活用する人が多くなっているようです。